平成28年10月20日(木)今年もプロ野球のドラフト会議が行われました。
私自身野球ファンで阪神を応援しているので、阪神のドラフトに注目して観ていました。

当初の予想では桜美林大学の佐々木千隼投手か創価大学の田中正義投手を指名するのでないかと情報が流れていました。
その情報を観た私は佐々木投手か田中投手が阪神に来てくれれば、投手に幅が広がり来年先発投手陣に期待出来ると思っていました。
しかし蓋を開けてみれば阪神が1位指名したのは白鵬大学の大山内野手でした。

指名を観た時に事前の情報とは違ったので正直驚きました。
佐々木投手は競合球団がなかった為外れ1位でロッテへ。
正直阪神は佐々木投手を1位指名していたら単独で獲得出来たのに勿体無いなと思ってしまいました。
しかし、大山選手を指名したからにはしっかり育てて将来はタイガースの4番を打てる
ような選手にして欲しいです。

プロ野球はシーズンの勝ち負けだけではなく、ドラフトやFA市場等に注目するのが私自身の毎年の楽しみです。

来年、ドラフトで獲得した選手がどのような活躍するのか、今からとても楽しみです。